WSS Tips

Symantec CloudProxy Web Security Service(WSS)のTips

Office365 専用設定

WebSecurityService(WSS)には、O365専用設定がある。

WSSはO365の通信もプロキシ処理できる。

専用設定は二つある。

 

1)全ての認証を除外
Enable authentication exemptions for all Office 365 applications.

本設定を有効すると、認証のバイパスをする。
O365のアクセス先ドメインは複数あり、不定期に変化するので
個別ドメイン/URLをバイパス設定するのは大変であるが、
本設定では一括でバイパスする。


2)SSL プロキシの除外
Enable SSL interception exemptions for all Office 365 applications.

本設定を有効すると、SSLプロキシのバイパスをする。
上記1)ど同様であるが、複数ドメイン/URLを個別で設定するのではなく
一括で設定ができる。

 

f:id:symcwss:20180208133308j:plain