WSS Tips

Symantec CloudProxy Web Security Service(WSS)のTips

Unified Agent 使用時の認証

Unified Agentを使用してユーザー認証をする事が可能。

設定は次の「Enable Captive Portal for remote users (using Unified Agent)」が該当する。

f:id:symcwss:20180215144704j:plain

本設定を有効にすると、PCで次のような認証が表示される。

f:id:symcwss:20180215144512j:plain

 

Enable Captive Portal for remote usersを無効にしている場合、

Unified Agentは認証画面を表示しないが、アクセスログにはPC名と

PCのログインユーザー名が表示される。

例えばPCのホスト名がsymcwss、PCへのログインがadmin だとすると

symcwss\admin とアクセスログに表示される。

ポリシーも symcwss\admin をキーワードに設定する事ができる。